肌荒れとニキビが治らないのは、睡眠不足が原因です。
それに加えて、生活習慣やストレスなども関係してきます。外側からいくらケアをしても治らないという人は、内側からのケアを考える必要があります。

なぜ睡眠不足肌荒れとニキビが治らない原因になるのかというと、肌のダメージは睡眠中に回復するという機能があるからです。
ですので、質の良い睡眠がとれていないと肌を回復するタイミングを逃し、肌荒れとニキビが治らない状態が続いてしまうわけです。

また単に寝溜めをしたり、長時間眠るというだけでは肌ダメージを回復することにはつながりません。熟睡し、質の良い睡眠をすることで初めて肌ダメージを回復するという機能が働くのです。

質の良い睡眠、熟睡するためには、寝る間にスマートフォンやパソコンを見ることを控える必要があります。脳に刺激を与えるとなかなか寝付けない原因となってしまうのです。
また寝る前にアロマなどでリラックスすることも質の良い睡眠をとることにつながります。

以上のように、肌荒れとニキビがなかなか治らない原因は睡眠不足が関係しているので、質の良い睡眠をとれるよう日頃から心がけることが大切です。
食生活やストレスなどにも気をつけるようにすると、肌ダメージを回復する機能がより効果的に働くでしょう。