ニキビの種類

紫ニキビの原因と治し方とは?

紫ニキビの原因とは

紫ニキビの原因は、生活習慣の乱れ、ホルモンバランス、
そしてストレスなどから引き起こされる代謝不良です。

紫ニキビを治すにはこれらを根本的に改善することから
始めます。

紫ニキビはニキビ跡になりやすく、なかなか治らない
ニキビなので、できてからのケアはもちろん、紫ニキビ
にならないためのケアも重要です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビの種類は4種類

ニキビの種類は4つあります。ニキビの進行段階の色で区別されています。

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビとあります。それぞれの症状などを見ていきましょう。

炎症前の白ニキビと黒ニキビ

ニキビの原因は毛穴が詰まって皮脂が外に出られなくなるか、毛穴が狭くなるか、なっていない場合でも皮脂が産毛を伝って外に出る量より皮脂の分泌が多い場合に毛穴内にたまることにより発生します。

毛穴が詰まりやすくなる原因と、皮脂が異常分泌しやすい原因が下記に詳しく書いてあるのでそちらを見てください。

ニキビの原因とニキビと吹き出物の違い

ニキビの初期の段階でお肌にぽつぽつと出来る白いニキビが白ニキビです。

この段階ではニキビの周りの皮膚の色は正常です。皮膚の表面に少し盛り上がりがみられる程度で、指先で触ると何とか固まりがわかるような状態です。

その毛穴にたまったものはラードのような塊となります。白や黄色の固まりが押さえると出てきます。その大半は毛穴の中にたまっていた皮脂で毛穴の出口付近で固くなった皮脂詰まりのことをコメド(面皰(めんぽう))と呼びます。

角質などが詰まって表面がふさがって起きていることから白ニキビは、閉鎖面皰(へいさめんほう)とも呼ばれています。

毛穴が詰まって白っぽくポツンと見えるため白ニキビと呼ぶようです。

この先少し症状が進むと毛穴内部にたまっている皮脂が毛穴を押し広げるため外に出てきます。この時皮脂が酸化したり、汚れが付着して先が黒っぽく見えます。この状態を黒ニキビと呼んでいます。

白ニキビも黒ニキビもまだ炎症を起こす前のニキビです。そのためこの状態でうまくコメドだけを押し出せば跡が残らずきれいに治ることがあります。

自分で行った場合余分な力を加えてしまって炎症を起こすなど悪化させてしまうこともありますので皮膚科に行って処置をしてもらうのがよいと思います。

炎症を起こした赤ニキビ

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビをそのまま放置しておいて炎症になってしまった状態です。

詰まった毛穴の中でアクネ菌が皮脂を栄養として繁殖して炎症が起きます。この段階になると抗生物質の治療が必要になります。

この状態になると表面から炎症がわかるようになり、早めに炎症を取り除くことが大事です。

炎症になってしまうとニキビが完治した後で肌にクレーターや色素沈着が残ることがあります。

そのような肌に傷を残さないためにも手で触ったり、指でつぶすことは絶対に避けましょう。

膿んでしまった黄ニキビ

アクネ菌が繁殖すると免疫反応により白血球の攻撃を受けるようになります。白血球は傷口などから細菌が入ると、そこへ沢山集まってきて細菌を退治する働きがあります。

その方法は単純で、ただ細菌を食べてしまうだけです。この働きを貧食作用(どんしょくさよう)といいます。細菌(この場合はアクネ菌ですが)を食い殺した 白血球は、同時に自分も死んでしまいます。あとに残るのは、白血球の死骸で膿となります。

その状態まで行くと膿を持った黄ニキビになります。この状態まで行くとニキビが完治しても赤ニキビよりクレーターや色素沈着が残る可能性が高くなります。

このような悲惨な結果にならないようにニキビは「病気」と考えて出来るだけ早い段階で治療しましょう。

ニキビケアを早い段階で始めることもニキビの発生を抑えることが出来ますし肌のダメージも少なくて済みます。

専門の皮膚科に相談していただいて早期にニキビ治療を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0