おでこニキビの原因と治す方法

おでこのにきびができる原因とは

思春期におでこにきびができる原因

おでこににきびができる原因は、髪の毛やシャンプーの
洗い残しなど、外側からの刺激によるものが多いですが、
年代によって異なります。

思春期にきびの場合は皮脂の分泌が多くなること、
大人にきびの場合はストレスや食生活でもおでこに
にきびができることがあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビ潰しはしていいの?

ニキビ潰しをするとニキビが治る?

ニキビ潰しは、タイミングによってはしてもいい時があります。
しかし、基本的には潰さない方が良いと考えるようにしましょう。 

顔にニキビができてしまうと気になって、ニキビ潰しを
してしまうことがありますよね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこ ニキビを治す方法

おでこは汗をかきやすく、皮脂が溜まりやすい部分なのでどの世代でもニキビに悩むことがあると思います。おでこのニキビは目立ちますし、痛いし、早めにケアしたいですよね。
そんなおでこのニキビを治す方法はあるのでしょうか?

おでこにニキビができる原因としては、洗顔やシャンプー、リンスのすすぎ残しがほとんどと言われています。生え際に近い部分は意外としっかり落としきれてない人が多いようです。おでこのニキビを治す方法としては、特に前髪や生え際付近をしっかり落とすことが大切です。

汗や皮脂をこまめに拭き取ることも、おでこのニキビを治す方法として有効です。特に夏場は汗をかきやすく、その状態で放置してしまうことも多いでしょう。
汗をかいた時は汗ふきシートなのでこまめにふきとり、清潔な状態を保つこともポイントです。

女性の場合はメイクの関係で汗ふきシートなどをこまめに使うことができないかもしれませんが、あぶらとり紙で皮脂を吸収しておくだけでもだいぶ違います。
おでこのニキビを治す方法として、普段あぶらとり紙を使わない人でも使うようにした方がいいかもしれません。

今おでこにニキビがない人でも予防策として、汗や皮脂をこまめに拭き取るようにするということを頭に入れておけば、おでこのニキビに悩むことはないかもしれませんね。

日々のケアでおでこニキビの原因を作らないのが一番です。そのために化粧品も考えてみる必要があります。洗顔フォーム、化粧水、美容液がセットでニキビ専用に作られている「ラ・ミューテ」などはおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこのニキビが治らないのはなぜ?

おでこのニキビはできてしまうとなかなか治らない人が多いと思います。おでこのニキビは目立つので、なんとかして早く治したい、どうにかして見えなくしたいと思って対策を立てる人もいると思いますが、それが逆効果ということもあるのです。
おでこのニキビが治らないのはなぜでしょうか?

おでこニキビが治らない原因:スキンケア

おでこのニキビがなかなか治らない原因の一つとして、女性ならば使っているスキンケアが肌に合っていないという可能性があります。
特にニキビができている時は、肌に合わないスキンケアを使い続けているとニキビの悪化の原因となる場合もあります。
ニキビが治るまでは一時的にニキビ専用のスキンケアを使うというのもお勧めです。

おでこニキビが治らない原因:化粧品の厚塗り

おでこのニキビを隠そうとして、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうことも、治らない原因の1つです。
おでこのニキビは目立つので少しでも見えなくしたいと思いますが、治るまではその部分のファンデーションやコンシーラーを控えたほうがいいでしょう。

おでこニキビが治らない原因:前髪

おでこのニキビを前髪で隠してしまうことも治らない原因となります。髪の毛には雑菌が多く付着しているので、それがニキビの箇所に当たり、さらにひどくなることもあります。
ニキビができている箇所は髪が当たらないようにまとめておくようにしましょう。

上でも話しているように肌に合わないスキンケアを行っているとおでこニキビは中々治りにくいです。ですからせめておでこニキビが出来ている間だけでもニキビ専用の化粧品使うと良いですね。ここで紹介する「ラ・ミューテ」は大人ニキビ、肌荒れに最適です。洗顔フォーム、化粧水、美容液がニキビを考えて作られているのでニキビ肌にはぴったりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこニキビの原因

おでこニキビの原因も基本的には今まで何度も書いているように毛穴を詰まらせることが原因でありそれを起こす要因がいろいろあります。

また皮脂が異常に分泌されることが原因でその要因も色々あります。

またこの2つの原因が重なった場合にもおでこニキビが出来ます。

おでこの部分の毛穴を詰まらせる要因とは何でしょうか。この原因には外部からの刺激によるものと体内部からくる原因があります。

おでこニキビの原因が体の外部からによるもの

その一つには背中ニキビでも出てきたように髪の毛が要因になっています。

1 シャンプーやリンスのすすぎ不足による残った成分が毛穴を詰まらせてしまうことでおでこニキビは発生します。すすぎが悪いとおでこの方まで成分が残りそれがおでこニキビの原因になります。

2 髪の毛についた汚れ、ホコリや汗が原因になります。それらの汚れをそのままにして不衛生なままでいると汚れが毛穴を詰まらせたり、雑菌が繁殖して腐敗したりしてお肌の抵抗力を弱めます。それがおでこニキビを起こす原因となります。一日一度はお風呂とかシャワーで体を清潔に保ちおでこニキビの原因を減らしましょう。

このようなことが原因になりますので髪の毛はいつも清潔に保たなければなりません。おでこニキビが出来て恥ずかしいため前髪で隠すことがよくあります。しかしこれはよくありません。よりニキビの発生を助長したり、髪の毛でおでこのニキビを刺激してかゆくなったりおでこニキビが進行したりして治りにくくなります。おでこニキビが進んでクレーターや色素沈着になればもっと恥ずかしくなることもありますのでそこは我慢をして前髪で隠さないようにして早めに治療しましょう。

次に考えられるのはメイクです。このメイクによる毛穴の汚れもおでこニキビの原因になります。

顔にものを塗る行為は毛穴を詰まらせていると考えてもおかしくありません。しかしいつもスッピンでお肌がとても綺麗であれば良いのですがそうもいかないのが女心だと思います。出来るだけ薄いメイクを心掛けお肌に刺激の少ないメイクを心掛けましょう。

メイクの必要がない時間帯は出来るだけ早めにメイクを落とし保湿クリームなどのお肌ケアに心掛けましょう。

メイク落としなどの洗顔にも注意が必要です。よくゴシゴシと洗顔する人がいますがこれは逆効果の場合が多いです。肌から取れた角質を毛穴に詰まらせてしまったり、肌を守るために必要な皮脂まで洗い流すと乾燥肌になったり、足りなくなった皮脂を補おうと過剰に分泌してニキビの原因を作ることになりかねません。

乾燥肌や、角質が硬くなり毛穴が小さくなったり詰まったりします。これは上記でも少しのべましたが体の外部からの要因もあり、また体質や体内部からの要因もたくさんあります。

体内部からの要因でおでこニキビになるのは乾燥肌、角質が硬くなる要因と、皮脂の過剰分泌になる要因があります。

「吹き出物(大人ニキビ)の様々な原因 (1) (2)(3)」で述べたことと重複しますので簡単に述べたいと思います。

おでこニキビの要因が体の内部からによるもの

1. ホルモンバランスのくずれ、変化によるもの
2. 過度の緊張、疲労、睡眠不足などのストレスが原因となる場合
3. 脂肪分や糖質の多い食生活
4. 皮脂の多い体質、内臓の弱い体質など体質からくるもの
5. ターンオーバーがうまく行われていない場合
6. その他

が考えられます。

1. ホルモンバランスのくずれ、変化によるもの

一つは思春期に男性ホルモンが増えることによります。男性ホルモンは男性を男性らしくするためのホルモンですが皮脂分泌を多くさせる作用があります。そのため健康体でもニキビが出来やすくなります。

もう一つ健康体でもニキビが出やすいのが女性の生理前です。これは黄体ホルモンの働きです。黄体ホルモンは簡単に言えば妊娠出産のためにあるホルモンですがこれも皮脂分泌を多くさせる作用がありニキビが出来やすい体質を作ります。

2. 過度の緊張、疲労、睡眠不足などのストレスが原因となる場合

過度のストレスは自立神経の変調をきたします。その内容は交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことなります。そのバランスの崩れは副腎皮質ホルモンを脳下垂体から多量に分泌させます。その結果男性ホルモンの分泌が副腎皮質から増え、皮脂の分泌量が増えるという循環になりストレスがニキビの原因になります。

3. 脂肪分や糖質の多い食生活

これはここで詳しく述べなくてもよいと思いますが皮脂の成分となる脂肪分や糖分を多く取っていれば多く体に吸収されますから、体に溜まるか皮脂として排出されやすくなるのは当然のことです。バランスの良い食生活を心掛け適度な運動を心掛け余分な資質は燃焼させ汗をかくことによって体内の毒素を排出させましょう。ニキビを起こす要因の一を減らすことが出来ます。

4. 皮脂の多い体質、内臓の弱い体質など体質からくるもの

皮脂の多い体質は皮脂腺が異常に発達している先天的な場合です。この場合は食事に気を付けるとかお肌を清潔に保つなどの方法が考えられますが残念ながらおでこニキビを根本的に解決できる方法ではありません。お医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。最近の治療方法に毛根や皮脂を焼却する方法もあるようです。そのようにして皮脂腺を減らす方法も有るようなので皮脂腺異常によるおでこニキビと思える場合は確認してみてください。

内臓の弱い場合は肝臓などで毒素が除去されず全身に毒素が循環し毛穴から毒素を排出しようとする場合や、消化器系の内臓が弱く消化のために血液が内臓に集められる時間が長く全身の血のめぐりが悪くなり、代謝機能が落ちてニキビなどの肌トラブルになりやすくなります。毒素を毛穴から排出しようとすると角質が刺激され硬くなることがあります。角質が硬くなると毛穴を小さくする傾向がありニキビの原因となります。

また消化器系が弱いとビタミン、ミネラルなど吸収不足になりやすくなります。お肌に必要な栄養が不足しニキビなどのお肌トラブルを起こしやすくなります。

ビタミンB群不足で皮脂が過剰に分泌されることがあり、ビタミンAは皮脂の新陳代謝に深くかかわっていて不足すると毛穴つまりの原因になりニキビを作る原因になります。

5. ターンオーバーがうまく行われていない場合

この場合の原因もたくさん考えられます。通常28日でお肌の細胞は入れ替わると言われています。肌の奥で作られた肌細胞が出来るたびに外に押し出され表面に出て寿命を終えてアカになってはがれおちていくサイクルが28日と言われています。このサイクルが崩れてしまう場合があります。年齢によるもの、ビタミンC不足によるもの毛穴から排出される毒素によるものなど色々考えられます。

出来るだけ若々しい肌を保つためにスキンケアは非常に重要です。またストレスの少ない生活も必要になります。体調管理も必要ですし、毒素を体内で作らないように便秘にならないとか食事に気を付けてバランスの良い食事を心掛けるなどニキビの原因の多くが ターンオーバーがうまくいかない原因ともなっていますので生活環境から見直してニキビの出来にくい生活環境を作っていきましょう。

6. その他の原因

その他に冷え性とか、便秘などもおでこニキビの原因になります。

吹き出物(大人ニキビ)の様々な原因(3)

に詳しく書いてありますが血行不良やホルモンバランの問題、そして毒素の問題がニキビを作る要因になっています。

体質の問題もありますが、冷え性、便秘などは食生活などで改善される場合も多いですし専門のお医者様もいらっしゃいますので根本的に改善しニキビの一の要因を減らしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0