小学生のニキビを治すには生活習慣の見直し

小学生のニキビを治すには、薬を使うよりも生活習慣を見直すことが大事です。ストレスや睡眠不足、お菓子の食べ過ぎなどが小学生のニキビの原因となります。

小学生のニキビ原因は成長ホルモンバランスの乱れ

小学生でも早い子ですと3年生や4年生ごろからニキビができることがあります。その原因の多くは成長ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスの乱れは生活習慣やストレスと大きく関係があります。

小学生のニキビ原因の1つはストレス

小学3,4年生にもなると、いろいろなことが理解でき始め、それなりにストレスなども受けやすくなる時期です。学校での友人関係や家庭環境もストレスになることがあります。小学生でニキビができた時はストレスを軽減するということも頭に入れておくといいでしょう。

小学生のニキビ原因の1つは睡眠不足

最近はSNSが普及したことで小学生でも睡眠不足になることがありますよね。睡眠不足はお肌に一番悪影響です。小学生でニキビができた時は睡眠不足になっていないか、質の良い睡眠がとれているかを確認する必要があります。

小学生のニキビ原因の1つは栄養バランスが崩れ

小学生はお菓子を食べる機会が多いですが、お菓子の食べ過ぎで大事な食事がおろそかにあることがあります。栄養バランスが崩れるとニキビの原因となります。小学生でニキビができた時は、栄養バランスがとれた食事を食べているかどうかもポイントとなります。

小学生でニキビができた時は、生活習慣の見直し、ストレスの軽減、睡眠不足の解消そして栄養バランスを考えた食事が大切になります。