妊娠中はニキビができやすい状態になっています。

特に妊娠初期はニキビができやすいので注意が必要です。
妊娠中にニキビができた時は薬やサプリメントが摂取
できないので、できるだけセルフケアで治すことが
必要になります。

バランスのとれた食事、質の良い睡眠がポイントです。

妊娠中はホルモンバランスの関係でニキビができやすく
なります。特に妊娠初期はつわりによる偏食でニキビが
できてしまうこともあります。

この時に食事のコントロールは難しいですが、
ニキビ用のスキンケアを使うことや、睡眠を
しっかりとることが大切です。

つわりが落ち着いた時は食事に気をつけるように
すると良いでしょう。油っぽいもの避け、ビタミンや
ミネラルをしっかり摂るために野菜多めの食事にすると
ニキビを悪化させないことにつながります。さらに
軽い散歩などでストレス解消や運動不足解消をする
ことも良いです。

以上のように、妊娠中はホルモンバランスの関係で
ニキビができやすい状態になっています。そのため
外側からのケアとしてはニキビ専用のスキンケアを
すること、内側からのケアとしては野菜をしっかり
食べるようにすることが大切です。

それに加えて、質の良い睡眠や散歩などの適度な運動を
することもお勧めします。