ニキビケア

ニキビが出来る場所は顔だけではない

ニキビができる場所とは

ニキビが出来る場所は顔だけではありません。

背中、胸、お尻にもニキビはできます。
顔以外の場所はケアが難しいので、予防することが
大切です。

ニキビが出来る場所といえば顔だと思う人がほとんど
だと思いますが、実はそれだけではありません。

背中や胸、そしてお尻もニキビが出来る場所です。

顔のニキビケアはアイテムもたくさんありますし、
すぐにできると思いますが、顔以外のニキビが出来る
場所は、ケアが難しいので予防することがポイントです。

ニキビができる場所のケア方法

まず背中のニキビを予防するには、寝具やパジャマを
清潔にすることです。

背中は汗をかきやすいので、寝具などから雑菌が
入り、ニキビとなることが多いです。

胸のニキビは、夏場によくできることがあります。
胸のニキビを予防するには、通気性の良い下着を
つけることが良いです。

そしてお尻のニキビは長時間のデスクワークの人に
できることが多いです。

少しでも動いたり歩いたりする時間を作ることや、
汗をかいたら拭くという習慣をつけるのも良いです。

以上のように、ニキビができる場所は顔だけでなく、
背中や胸、そしてお尻もニキビができます。

顔のケアとは違い、背中、胸、お尻のニキビは
それぞれで予防策があるので、これまでにニキビが
できたことのある人はニキビができる前に予防する
ことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビができやすい人のケア方法

ニキビができやすい人は生活習慣の見直しを

ニキビができやすい人にケア方法は、内側からのケアと
生活習慣の見直しをプラスするということです。

もちろん外側からのニキビケアも必要ですが、
内側からのケアでできにくくなることもあるのです。

しっかりスキンケアをしているのにニキビができやすい
人は生活習慣や内側からのケアを考えてみるといいです。

まずは生活習慣です。食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎが
続く人は、胃を休めることでニキビができにくく
なることもあります。

また睡眠もニキビと関係があります。

質のよい睡眠がとれていないとニキビの原因となるので、
規則正しい時間に睡眠をとるということもニキビが
できやすい人には注意していただきたいポイントです。

内側からのケアもニキビができやすい人にお勧め

漢方やサプリメントを飲むこともニキビができやすい
人にお勧めしたいです。体質改善をすることで
ニキビができにくくなる場合もあるのです。

漢方は市販のものや、皮膚科でも処方してもらえます。
ニキビに効果を発揮するサプリメントもあるので、
自分に合うものを探すというのも良いでしょう。

以上のように、ニキビができやすいという人は、
外側からのケアに加えて睡眠を始めとする生活習慣の
見直しや、漢方やサプリメントなど内側からのケアを
取り入れるということがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビケア方法のポイント

軽度のニキビケア方法とは

ニキビケア方法のポイントは、自分のニキビの状態に
合うケアをすることです。

軽度であれば、市販の薬、重度の場合は早めに皮膚科へ
行くなどの対応が必要です。

スキンケアだけで治すこともできます。

ニキビケア方法のポイントは自分のニキビの状態を
よく知ることです。

普段あまりニキビができない人でそんなに目立つほど
ではない時は、生活習慣やスキンケアを見直すだけでも
ニキビケア方法となります。

質の良い睡眠をとること、肌に刺激の少ないスキンケアを
使うだけでもニキビが治ることがあります。

目立つニキビができてしまった時は、市販の塗り薬を
使うと治りが早いです。

その時は、自分のニキビが赤ニキビなのか、
白ニキビなのかをよく見て、それに合う塗り薬を
選ぶようにしましょう。

重度のニキビケア方法とは

重度のニキビケア方法としては、皮膚科へ行くことが
あります。

皮膚科では塗り薬の他に内服薬を出すこともあります。

また、レーザー治療やケミカルピーリングを行う
皮膚科もあるので、重度の場合は早めに相談をすると
いいです。

レーザー治療やケミカルピーリングは保険がきかない
ため、費用は高額となりますが効果は期待できるため、
なかなか治らないニキビ悩む人にはお勧めの
ニキビケア方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

効果的なニキビ治療法とは?

外側からのニキビ治療法

効果的なニキビ治療法は、外側からのケアと内側からの
ケアを同時に行うということです。

スキンケアは外側からのケアとなり、飲み薬や
サプリメントは内側からのケアとなります。

両方からのアプローチでニキビをきれいに治したい
ですね。

外側からのニキビ治療法はスキンケアや塗り薬を使う
ということになりますが、スキンケアに関しては
ニキビができている間だけでもニキビ専用を使うことを
お勧めします。

それにプラスして塗り薬でケアをするとよりニキビ
治療法として効果が期待できます。

内側からのニキビ治療法

内側からのニキビ治療法は、飲み薬やサプリメントで
ニキビをケアするということになります。

外側からのケアだけでニキビが改善されることも
ありますが、なかなか治らない場合は内側からのケアを
併用するといいでしょう。

皮膚科で処方される飲み薬や漢方をはじめ、ニキビに
効果が期待できるサプリメントもあります。

ホルモンバランスを整えるものや、デトックス効果が
期待できるものがあり、結果としてニキビ改善に
つながるのです。

以上のように、効果的なニキビ治療法とは外側からの
ケアと内側からのケアを同時に行うことです。

特に、長期化しているニキビには効果が期待できます。

飲み薬やサプリメントは自分の症状に合うものを
選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビができている時は美容液がお勧め

ニキビができている時のスキンケアは美容液がお勧め

ニキビができている時のスキンケアで美容液を使うことをお勧めします。化粧水は水分が多いですが、美容液には保湿成分が多いので、乾燥しないよう肌を保護するためには美容液が必要なのです。

ニキビができている時、特に大人ニキビの場合は皮脂分泌量が原因というよりも乾燥によってできてしまうということが多いです。それを間違えて理解している人がいるため、ニキビができた時は爽快感のあるさっぱりとしたスキンケアを選びがちです。化粧水だけでスキンケアを済ませてしまう人もいるでしょう。
しかし、大人ニキビができている時は適度な保湿が必要です。化粧水で水分を補い、それに蓋をするためには美容液が最適です。

ニキビができている時の美容液は保湿効果の高いもの

ニキビができている時の美容液の選び方としては、保湿効果をうたっているものがいいです。さらに、成分の中にセラミドが入っているものを選ぶと、より肌が潤うことが期待できます。

ニキビ専用の美容液というのもありますが、選ぶ時はしっかりその特徴を見るようにしましょう。皮脂を取り除くだけのようなものはかえってニキビがひどくなることがあります。

ニキビができた時は敏感肌用の保湿美容液というのもお勧めです。ニキビができている時は肌に負担をかけずに、保湿するというのがいいでしょう。

以上のように、ニキビができている時は保湿効果が期待できる美容液を使うことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

大人ニキビが治らない原因とは

大人ニキビが治らない原因は、保湿ケアなどのスキンケアが不足しているからです。

ニキビというと、皮脂や雑菌が毛穴に詰まってできると思う人もいると思いますが、大人ニキビの場合、肌の角質が固くなり、毛穴を塞いでしまうためにニキビの原因となるのです。そのため、洗顔をやりすぎてしまうことや、元々乾燥肌の人がさっぱり系のスキンケアに変えてしまうということをすると、なかなか大人ニキビが治らない原因となるのです。

大人ニキビが治らないという人は、顔全体にスキンケアが行き渡っているか意識する必要があります。
顔の中心はスキンケアがしやすいのですが、ニキビができやすいフェイスラインや顎のあたりは保湿が十分にされていないことがあります。
フェイスラインや顎の大人ニキビが治らないという人は、この部分もしっかりスキンケアをするようにしましょう。

スキンケアをしっかりすることも大事ですが、クレンジングや洗顔料がしっかり落ちていないと大人ニキビが治らない原因となります。顔を洗い過ぎるのはよくないですが、クレンジングや洗顔料が残らないように意識して洗顔をするようにしましょう。

以上のように、大人ニキビが治らない原因は保湿ケア不足とクレンジングや洗顔料の洗い残しです。ニキビの治りが悪い箇所は、その点を意識してケアしていくといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おうちでのニキビケアのポイント

おうちでのニキビケアは3つのポイントに気をつけるだけで十分です。
それは食事と睡眠とスキンケア。
栄養バランスのとれた食事と適度な睡眠時間を確保するとお肌の再生力も高まります。
そしてスキンケアに関しては、ビタミンC配合のものを使うこと、アルコールを含んでいないものを使うこと、それだけを気をつければいいので難しいことを考える必要はありません。
よほどひどいニキビでなければ、おうちでのニキビケアだけで治ってしまうのです。

食事と睡眠時間の確保は当たり前のことかもしれませんが、普段お仕事が忙しい人は食事の時間が不規則になり、睡眠時間もバラバラであることが多いでしょう。
なので、肌のニキビが気になりだしたら、その時だけでも食事と睡眠に気をつけたいものです。野菜や果物をしっかり摂取して、睡眠時間は寝溜めではなく毎日規則正しい時間にとることが大切です。

スキンケアに関しては、ニキビは毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしてしまう状態ですが、それを予防するためにビタミンCが有効と言われています。そのため、スキンケアにビタミンCを含むものを使うとより効果的なのです。自分に合うスキンケアを探してみましょう。

アルコールを含んでいるスキンケアはニキビを悪化させる原因にもなるので、ニキビが気になる時だけでもアルコールフリーのスキンケアを使うようにした方がよいでしょう。
最近ではアルコールフリーのスキンケアが増えてきたので、口コミや評判、そして実際テスターで試してみることもよいと思います。

お肌を再生させるためには保湿も大切ですが、保湿力が高すぎるものはかえって逆効果になることもあります。ニキビが気になる時期はさっぱりタイプの化粧水を使うこともお勧めです。
ニキビ専用のスキンケアでもトライアルセットがあるので、そこから試してみるのもいいでしょう。

おうちでのニキビケアだけでは心配で、つい高額なクリニックやスキンケア商品を買ってしまう人もいるかもしれません。
しかし人によっては、ニキビがすぐに治るわけではないので、まずは今お伝えしたシンプルな方法から始めてみることをお勧めします。

最初に述べたように、おうちでのニキビケアは食事、睡眠、スキンケア、ただそれだけです。間違ったケアはニキビを悪化させたり、なかなか治りにくくなったりする原因となります。
ニキビを治すためではなく、食事や睡眠に気を使うことは健康や美容にも良いことです。
ニキビなどの肌トラブルが出てしまった時は、自分を心身ともにリラックスさせることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

生理前ニキビ、黄体ホルモンによるニキビケア

ニキビケアクリームには~ジュエルレイン~がおススメっ!

rank1_a

ニキビケアクリーム ジュエルレイン


暖かくなってきたこの季節・・・
  薄着になってお肌の露出も増えてきます”

お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!

─革新的な背中にきびケア商品─
 Jewel Rain<ジュエル レイン>
 
 ・98.2%が美容成分
 ・60日間返金保障
 ・モニター参加者の91%が満足!

価格 容量 評価
税込9180円、定期コース6458円定期クレジットコース5918円 60g
(約1ヶ月分)
review_5

生理前にニキビが出来やすい理由

生理前になるとニキビが出来やすくなります。では何故女性は生理前にニキビが出来やすくなるのでしょうか。女性の体は月経期、増殖期(卵胞期)、排卵期、分泌期(黄体期)の4つのサイクルを子供が出来る体を作るために繰り返します。

この分泌期(黄体期)にプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンの分泌が増加します。この黄体ホルモンは男性ホルモンと似た作用があるため皮脂分泌の増加が起こり毛穴に皮脂が溜まりやすくなりニキビを起こしやすくなります。

このニキビは生理前に出来てしばらくすると治りますがまた生理前に出来るというように繰り返す傾向があります。いわゆるニキビループです。またプロゲステロン(黄体ホルモン)は男性ホルモンに似た働きがあるため男性の髭が生える口周りや顎周りにニキビが出来やすいのもこのニキビの特徴です。この時期は肌が不安定になりやすく色素沈着やシミが出来やすい時でもあるので注意する必要があります。

黄体ホルモンによるニキビの対処法

黄体ホルモンによるニキビが起きるのは分泌期(黄体期)ですからその時期を知ることが黄体ホルモンによるニキビの対処法の第一歩です。すなわち自分の生理周期を知ることが重要です。ほとんど周期が変わらない人は大体予想がつくかもわかりませんが基礎体温を測って周期を確認しましょう。

排卵後の分泌期は黄体ホルモンの影響で体温が上がり始めることが知られています。この体温の高温期は体に熱がこもりやすく肌荒れなどの炎症を起こしやすいと考えられています。

そのためニキビ対策と同時に肌対策も必要になります。

1 保湿を中心としたシンプルなお肌ケアを行う。

熱があると乾燥肌を起こしやすくなります。乾燥肌は角質を固くしたりターンオーバーの周期を乱したりしますので毛穴を小さくしたり角質が毛穴を塞いだりしてニキビの原因になります。また黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌も増えていますのでよりニキビになりやすくなります。乾燥肌にしないため保湿を中心としたケアを行いましょう。また熱やホルモンンバランスの変化で肌が敏感になっているため少しの刺激で肌荒れを起こしやすいので刺激の少なく、脂分も少なめのスキンケアで保湿を心がけましょう。

2 食事に気を付けましょう。

バランスの取れた食事を心掛けましょう。特に脂っこい食事は控えましょう。生理前はイライラしやすく暴飲暴食になりやすいですが量を控えることと油脂分を控えることは体調管理にも役立ちますし肌荒れやニキビの防止にも役立ちます。
また肌トラブルやターンオーバーの乱れを防ぐためにもビタミン類を多く含んだ食物を取ることは非常に大切です。特にビタミンCは抗酸化作用が強いと言われ活性酸素を身体に悪い影響がないように、分解する働きがあります。ビタミンAは新陳代謝に関係が深く古い角質が残るのを防ぎます。
東洋医学の見方では生理前の熱がこもるときは便秘になりやすいと言われます。便秘はニキビの発生の原因になりますので便秘になりにくいように食物繊維を多く含む野菜などを取りましょう。

3 睡眠をたっぷりとりましょう。

睡眠不足のストレスがニキビの原因となるように生理前は肌も疲れやすくイライラによるストレスも溜まってきます。肌体力を向上させイライラを少しでも和らげるために睡眠時間は大目に取りましょう。7時間以上睡眠時間を確保するのが良いでしょう。

4 メイク落としや洗顔を注意する。

生理前はお肌のトラブルを起こしやすい状態にあります。この時のメイク落としや洗顔には注意が必要です。たとえばオイルクレンジングはメイク落ちがよい分お肌への刺激が強く肌荒れを起こしたり、肌に必要な皮脂まで落とすこともあり乾燥肌を招く原因になったります。乾燥肌は角質が硬くなり毛穴を詰まらせたりターンオーバーの乱れを招きニキビの原因になります。逆に皮脂が不足していると体が感じ皮脂を過剰分泌してニキビの原因になったりします。洗顔材で合成界面活性剤配合のものはオイルクレンジングと同じように乾燥肌を招いたり皮脂の過剰分泌を起こす可能性が高いので生理前は使用しないのが無難です。また洗顔のしすぎも必要な皮脂まで落としてしまうこともあり乾燥肌や皮脂の過剰分泌の原因になります。また洗浄の仕方が悪いとせっかく落ちた汚れや古くなった角質で毛穴を塞ぎニキビの原因になります。
洗顔料は低刺激なものを使用しましょう。いつもより丁寧に洗顔をするように適切な洗顔を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0