ニキビの薬

ニキビ薬のランキングで商品を探す方法

ニキビ薬のランキングはアットコスメが多い

ニキビ薬のランキングで人気アイテムを知る方法は、
いくつかのランキングサイトを比較することがポイントです。

1つのランキングだけを信用してしまうと、情報が偏る
ので、いくつかのランキングサイトを参考にして自分に
合うアイテムを見つけましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビにリンデロンVG軟膏は効く?

リンデロンVG軟膏はニキビに効果あるの?

ニキビにリンデロンVG軟膏は効果がありますが、
その分副作用も強いです。

リンデロンVG軟膏をニキビに使う時は十分に注意
する必要がありますし、できれば他の薬や方法で
ニキビを治すことをお勧めします。

リンデロンVG軟膏は処方される薬なので、基本的に
お店で買うことはできません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゲンタシン軟膏はニキビに効く?

ニキビに使うゲンタシン軟膏って何?

ゲンタシン軟膏はニキビの元であるアクネ菌の
殺菌作用があるため、ニキビに効く薬と言えます。

ゲンタシン軟膏は強めの薬なので、ニキビに使う時は
使用時の注意を守って使うようにしましょう。

ゲンタシン軟膏は病院で処方されるものなので、
基本は普通のお店で買うことはできません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビの皮膚科で出される薬とは?

ニキビのための皮膚科の薬は塗り薬がメイン

ニキビの皮膚科で出される薬は、塗り薬や漢方が
あります。

市販のニキビ薬が効かない時や、体の中からニキビを
治したいという人は皮膚科の薬がお勧めです。

ニキビの治療で皮膚科へ行くと、多くの場合塗り薬が処方されます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニュートロジーナはニキビに効く?

ニュートロジーナのニキビ薬の効果

ニュートロジーナのニキビ薬はニキビにとても効果がありますが、日本人の肌には刺激が強い場合があるので使用の際は注意が必要です。また使いすぎもNGなので、適切な使用料を守るようにしましょう。

ニュートロジーナを購入するには

ニュートロジーナのニキビ薬はアメリカで作られたもので、日本のお店では買うことができません。日本で買うとするならネット通販を利用することになります。なぜ日本のお店で買えないのかというと、ニュートロジーナのニキビ薬に含まれている過酸化ベンゾイルが国内未認可だったため、買うことができないのです。しかしこの過酸化ベンゾイルという成分には殺菌とピーリング効果があるためニキビの治療にはとても役に立つのです。

ニュートロジーナは日本人の肌に合う?

ニュートロジーナのニキビ薬は過酸化ベンゾイルを含んでいるため、即効性があるのですが、日本人の肌にはピリピリとした刺激を感じることがあります。使いすぎは絶対にNGで、決められた量を正しく使うようにしましょう。また肌の乾燥にも気をつけるようにしましょう。

以上のようにニュートロジーナのニキビ薬はニキビ治療にとても役に立つ薬ですが、刺激が強いため使用量を必ず守り正しく使うことが大切です。ニュートロジーナを使う時は肌の乾燥にも気をつけることがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

白ニキビに効く薬とは?

<h3>白ニキビに効く薬は?
白ニキビに効くお薬は、ペアアクネクリームとビフナイトです。自分のニキビの症状に合う薬を選ぶことがポイントとなります。

<h4>白ニキビに効く薬は毛穴の詰まりを除去する効果のある薬
白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まっている状態でこれが進むと赤ニキビや黒ニキビに変化していきます。白ニキビの時には、毛穴の詰まりを除去する効果のある薬を選ぶことが必要です。赤ニキビのように炎症を起こしている状態ではないので、炎症を抑える薬を使っても効果が期待できませんので気をつけましょう。

<h4>白ニキビに効く薬ペアアクネクリームとは
ペアアクネクリームは、白ニキビに効く薬の1つです。クリームですがベタつきがないということが特徴です。効果には個人差がありますが、病院でも処方されていたことがある薬となります。

<h4>白ニキビに効く薬ビフナイトとは
ビフナイトはニキビを治すためのお薬としてとても有名な商品ですよね。こちらのお薬も白ニキビに効果が期待できます。ドラッグストアなら基本的に手に入るのですが、塗りすぎると乾燥することがあります。使用量をしっかり守って使うようにしましょう。

以上のように白ニキビに効果が期待できるお薬は、ペアアクネクリームとビフナイトとなります。同じ白ニキビ対策のお薬でも特徴が異なるので自分に合うものを選ぶことが大切です。迷う場合は薬剤師さんなどに相談することもお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

口コミの良いニキビ薬とは?

ニキビ薬で口コミの良い3種類

口コミの良いニキビ薬は、オロナイン、ニュートロジーナ、そしてテラ・コートリルです。
それぞれ効果に特徴があるので、自分に合うニキビ薬を選ぶようにしましょう。

ニキビ薬で口コミの良いオロナイン

オロナインは一家に一個あってもおかしくないお薬ですよね。多くの皮膚の症状に対して効果を発揮するお薬です。このオロナインがニキビ薬として口コミが良いのは、特に赤ニキビに対して効果があるからです。オロナインには炎症を抑える成分が入っているので、赤ニキビには効果があるのですが、白ニキビや黒ニキビ、ニキビ跡には返って逆効果になることがあるので気をつけましょう。

ニキビ薬で口コミの良いニュートロジーナ

ニュートロジーナもニキビ薬の中で口コミが良い商品の1つです。主にヨーロッパで人気のある商品のため、日本人の肌には刺激が強い人もいます。ですので、使う時はニキビができている部分だけに適量を使うようにすることが大切です。しかしその効果はかなり期待できます。

ニキビ薬で口コミの良いテラ・コートリル

テラ・コートリルはニキビ薬の中で口コミがとても良いお薬で、病院で処方されるものと同じです。人によっては塗った翌日にニキビが治った人もいます。それだけ強いお薬ということですが、この中にはステロイドが入っています。そのため、長期間の使用はお勧めできません。長くても1週間程度にしておく方がよいです。

以上のようにニキビ薬で口コミが良いのは、オロナイン、ニュートロジーナ、そしてテラ・コートリルとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

赤ニキビに効く薬とは

赤ニキビに効く薬は、オロナイン、ペアアクネクリーム、そしてディフェリンゲルゲルです。ディフェリンゲルは皮膚科で処方してもらうお薬です。

赤ニキビに効く薬オロナイン

オロナインがニキビに効くという話は聞いたことがあると思いますが、全てのニキビに効くのではなく赤ニキビに効果を発揮するということを頭に入れておくといいでしょう。
オロナインは炎症を抑える効果が期待できるので、赤ニキビのように炎症を起こしているニキビの状態には効く薬となります。ドラッグストアですぐに買うことができるので、お勧めの商品です。

赤ニキビ以外にも効く薬ペアアクネクリーム

ペアアクネクリームは赤ニキビだけではなく、黒ニキビや白ニキビにも効果が期待できるニキビの市販薬です。赤ニキビ以外のニキビもあるという人にはこちらの薬がお勧めです。

皮膚科でもらう赤ニキビの薬ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは皮膚科で処方してもらう薬で赤ニキビだけではなく、ニキビ跡にも効く薬です。ニキビの治療には欠かせない薬ですが、たまに副作用として肌がピリピリしたり、肌荒れのような症状が出ることもあるので使う量には注意が必要です。

以上のように、赤ニキビに効く薬はオロナイン、ペアアクネクリーム、そしてディフェリンゲルとなります。軽い赤ニキビでしたら市販のオロナインやペアアクネクリームを使うことから始めて、症状が気になる方は皮膚科でディフェリンゲルなどを処方してもらうといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビにはツムラの漢方が効く?


ニキビにはツムラの漢方が良い?

ニキビがひどい時にはツムラの漢方を飲むことをお勧めします。アットコスメでも口コミ評価が高いニキビの時に飲むツムラの漢方は、清上防風湯という漢方です。この漢方はドラッグストアでも購入することができます。

ツムラのニキビ用漢方薬 清上防風湯

漢方は味が苦手という人が多く、なかなか続けられないという声も聞きます。ニキビ改善に良いと言われているツムラの清上防風湯という漢方も、カレーのような味がするという口コミが多いです。しかし、スパイス系のものは体にも良いものですし、代謝がよくなりニキビ改善にもつながります。実際に、味はクセがあるけど効果は感じられたという口コミが多いのです。

ツムラなどのニキビ用漢方薬は飲み続けて効果がある

漢方は3ヶ月ほど飲み続けることでやっと効果が出てくるものです。ですので、ニキビ改善が期待できるツムラの清上防風湯も、すぐに効き目があるわけではありません。長く飲み続けて少しずつ体質改善をしていくというものとなります。

漢方は、薬とは違ってニキビ以外の症状にも働きかけてくれることがあります。味はクセがあるものが多いですが、体の健康も考えると漢方はお勧めできるものと言えるでしょう。

以上のように、ニキビ改善の効果が期待できるツムラの漢方は、清上防風湯で、味にクセはありますが、効果が期待できるものとなっております。
体の中から体質改善をしたい人には漢方を飲むことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビのお薬と病院について

ニキビの状態によっては、ニキビのお薬と病院について考える必要があるかもしれません。
ニキビが治りにくい、ニキビが治ってもすぐにまたできてしまう、そのような人は病院に行くことも一つの方法です。

皮膚科で処方されるお薬としては、毛穴のつまりを取り除く外用レチノイド、炎症に効く抗菌薬、そして毛穴につまった角質を開きやすくするイオウ製剤などがあります。
これらは保険が適用される治療になりますので、市販薬でのセルフケアとは大きく異なります。皮膚科で行うケミカルピーリングは保険適用となりませんので注意が必要です。

ニキビのお薬と病院での診察は、気になるポイントだと思います。
病院での診察の流れは、よほど重症でない限り検査はなく、問診とカウンセリングで自分に合った治療法を話し合うという感じです。処方薬もここで決定することになります。
市販薬は限られたものから自分で選ぶ必要がありますが、処方薬は自分のニキビに合うものを選んでもらえるので、ある意味安心かもしれません。

ニキビがなかなか治らない人や何度もニキビを繰り返す人はやはり、ニキビのお薬と病院を検討した方がいいかもしれません。実際に病院でニキビの治療を受けた人の声を聞くと、もっと早く病院に行けばよかったという人が多数のようです。
ニキビの状態が軽い人から重度の人まで様々な人が病院に通っているそうなので、ニキビをひどくしたくない人や、しっかりセルフケアができない場合は早めに病院に行くのがよいでしょう。

ニキビのお薬と病院を検討した人は、大人ニキビに悩む人だけではなく、10代でもいるようです。10代は学校や受験のストレスに加え、成長ホルモンの関係でニキビがとてもできやすいです。顔にたくさんニキビがあることがコンプレックスになってしまうこともあるでしょう。お子様のニキビでお悩みの親御様も、皮膚科での治療を検討することをお勧めします。

最初に述べたように、病院で処方されるニキビのお薬の種類によっては保険が適用されるものがあります。市販薬や高額のニキビ専用スキンケアを長年使ってもニキビが治らないという人は、病院に行くことをお勧めします。

病院では薬の処方だけでなく、生活習慣についてもアドバイスを受けることができます。
医師に生活習慣について話すことで、自分では気づかない部分がニキビの原因になっていることに気づく場合もあるでしょう。そのような点を考えると、気になるニキビができてしまったら早めに病院で診察を受けるというのが、ニキビを早く治すための近道かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0