ニキビ跡の薬

ニキビ跡を消す市販薬はあるの?

ニキビ跡を消す市販薬は今のところない

ニキビ跡を消す市販薬は今のところありません。

一部の噂で、アットノンやケシミンという市販薬が
ニキビ跡を消すという声がありますが、これらの薬
にはニキビ跡への効果は言及されていないので、
ニキビ跡を消す薬とは言えないのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ディフェリンゲルはニキビ跡に効く?

ディフェリンゲルはニキビの治療薬

ディフェリンゲルはニキビ跡には効果が期待できません。

その理由は、ディフェリンゲルはニキビを治すための
薬だからです。

ディフェリンゲルでニキビ跡が治るということを
言う人もいますが、あくまでニキビを
治すための薬ということを覚えておきましょう。

ディフェリンゲルは、ニキビ治療のための処方される
薬の1つです。

その効果としては、角栓ができることを防ぐ、初期の
ニキビが進行しないように抑えることができる、
そして炎症が起きていないニキビに対して、
炎症化しないようにする働きが期待できます。

ディフェリンゲルは強い薬なのでニキビ跡には刺激になることも

ディフェリンゲルは強い薬なので、使い始めは肌の皮が
向けることや、乾燥することがあります。

その症状は2週間くらいで治るのですが、あまりにも
症状がひどい場合には、処方してもらったお医者さんで
見てもらうようにしましょう。

これだけ強い薬なので、ニキビ跡にディフェリンゲルを
使うのは肌にかなりの刺激を与えてしまいます。

ニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを起こすこと
が重要なので、他の治療法が効果的と言えます。

以上のようにディフェリンゲルはニキビ跡には効果が
期待できません。ディフェリンゲルはニキビの時に
使う薬です。

自分のニキビの状態に合わせて、適切な治療を
することが、ニキビやニキビ跡の改善につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ケシミンクリームはニキビ跡に効果がある?

ケシミンクリームはニキビ跡に効果がある

ケシミンクリームはニキビ跡の改善に効果が期待できます。
ただし、ニキビ跡の色素沈着がひどい場合や濃くなって
いる場合にはあまり効果を発揮しないかもしれません。

ケシミンクリームには、肌のターンオーバーをよくする
効果が期待できます。その理由は、肌のターンオーバーに
効果を発揮する成分、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸
2-グルコシド(AA-2G))が含まれているからです。

もう1つ、グリチルレチン酸ステアリルという成分は
ニキビ用のスキンケアによく含まれている成分で
殺菌効果が期待できます。さらに、トコフェロール酢酸エステルも
肌のターンオーバーを促進する成分なのです。

この3つが成分として含まれているケシミンクリームは
ニキビ跡の改善が期待できるわけです。

ニキビ跡が濃くなる前にケシミンクリームを使う

ただ、色素沈着が濃くなっている場合などはケシミンクリームが
効果を発揮しないという声もあります。そのため、
ケシミンクリームでニキビ跡を治したいと思った時は色素沈着が
濃くなる前からケアすることが大切です。まだ比較的薄い
ニキビ跡やシミなどの段階からケシミンクリームを
使い始めることをお勧めします。

以上のようにケシミンクリームはニキビ跡に有効な成分が
含まれているため、ニキビ跡を改善する効果が期待できます。
ニキビ跡が濃くなる前からケシミンクリームを使ってケアする
ことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビ跡に薬は使っていいの?

ニキビができた時やなかなか治らない時に、市販のニキビ薬や皮膚科で処方してもらう薬を使うことがあると思います。
最近では市販薬でも効果が高いものがあるので、できているニキビに対しては薬でケアがしやすいと思います。
ではニキビ跡にニキビ用の薬を使ってもいいのでしょうか?

答えとしてはNGです。ニキビ跡にニキビ用の薬を使い続けてしまうと、逆に悪化する可能性があります。ニキビが治ってきた時は薬ではなく別の方法でケアする必要があります。

ニキビ跡に効くのは薬ではなく化粧水などのスキンケアです。肌のターンオーバーを促進することで、ニキビ跡を少しずつ薄くすることができるのです。
ですので、ニキビ跡には薬ではなく、自分に合うスキンケアを選ぶことが重要です。

スキンケアの中でも特にビタミンCを含むスキンケアがニキビ跡に効果的だと言われています。化粧水などだけではなく、洗顔のアイテムから意識して選ぶこともポイントです。

ニキビ跡のケアのためのスキンケアは検索するとたくさんのものが出てきます。
大切なことは自分の肌に合うかどうかです。合わないものを使ってしまうとニキビができてしまう原因となってしまいます。

ニキビにはニキビ用の薬、ニキビ跡にはスキンケア、これはしっかり覚えておいた方がよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0