頬(ほお)ニキビ

ほっぺたニキビを治すには

ほっぺたニキビの原因

ほっぺたニキビを治すには、寝具を清潔にすることと、
スキンケアに気をつけること、生活習慣を見直すこと
です。

ほっぺたのニキビは大人ニキビでできやすいですが、
毎日使う寝具が原因でできることもあります。

例えば、片方のほっぺたにだけニキビができる
という時は寝具が原因ということが考えられます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬ニキビができる原因とは

頬ニキビができる原因

頬ニキビができる原因は、食事、飲酒そしてストレスが
多いです。

頬ニキビができてしまった時は、まずこれらの原因を
疑うようにするといいでしょう。

頬ニキビができる原因として、脂っぽい食事や糖分の
とりすぎということがあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

胃腸が弱ると頬ニキビができる?

頬ニキビは胃腸が弱ると出来やすい

胃腸が弱ると頬ニキビができる可能性があります。胃の不調は普段乾燥している頬にニキビをつくってしまうのです。胃腸が弱る原因になる食事、ストレス、冷えに気をつける必要があります。

頬ニキビの原因:胃腸が弱るのは食事

胃腸が弱った時に頬ニキビが出来やすいですが、胃腸が弱る原因として、まず食事が挙げられます。脂っぽいものを摂り過ぎる、食事の時間が遅いなど不規則な時、辛いものなど刺激の強いものを食べ続けると、自然と胃腸は弱ります。すると頬ニキビができてしまうのです。
胃腸の不調で頬ニキビができないよう、日頃から食事に気をつけるようにしましょう。

頬ニキビの原因:胃腸が弱るのはストレス

過度なストレスは胃腸に影響を与え、頬ニキビの原因ともなります。日々忙しい人は何かしらのストレスを抱えていると思いますが、ストレスをうまく軽減することで頬ニキビの予防となります。自分なりのリラックスタイムを作るようにしましょう。

頬ニキビの原因:胃腸が弱るのは冷え

胃腸の冷えも、頬ニキビと関係があります。冷たいものをとりすぎることや、エアコンが効きすぎた部屋にいると胃腸も冷えてしまい頬ニキビの原因となります。胃腸を冷やさないよう、温かいものを飲んだり、羽織ったりするのが良いでしょう。

以上のように、頬ニキビは胃腸の不調と関係があるので、特に食事、ストレス、冷えには気をつけて過ごすようにしましょう。頬ニキビは外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬ニキビにディフェリンが効く?

頬ニキビにディフェリンは効果的

頬ニキビにはディフェリンという外用薬が効果的です。1日1回塗ることで、1ヶ月くらいで効果がでます。

ディフェリンの効果としては、毛穴を広くするというものなので、毛穴に皮脂が溜まることを防ぎ、ニキビができてしまうことや、悪化することを阻止するという働きがあります。
ニキビの初期段階である白や黒のニキビの状態だけでなく、炎症になっている赤ニキビにも効果があります。

頬ニキビにディフェリンを使った時の症状

ディフェリンを頬ニキビに使うと、頬が乾燥することや頬にかゆみがでることがあります。これはディフェリンを使うと出てくる症状で、この症状が出ないと効果が出にくいものなのです。ですので、使い始めの2週間くらいはこの状態が出てもそのままで大丈夫です。しっかり保湿をすることで改善されます。しかし、赤みがずっと引かない場合は、肌の状態が悪化した場合は、使用を中止する必要があります。

頬ニキビにディフェリンを使う時の注意点

妊婦さんや授乳中の方は頬ニキビにディフェリンを使うことができないので注意が必要です。

また頬ニキビにディフェリンを使ってから、最低でも一ヶ月くらいは効果がでないことがあるので、長期的に治していくという気持ちが大事です。

以上のように、頬ニキビにディフェリンを使うことでニキビを治すことにつながります。
使用方法をしっかり守って、時間はかかりますがしっかり治そうという気持ちが大切です。
どのニキビの状態でも効果が期待できるのは嬉しいですよね。

ディフェリンはこちらからどうぞ。
ディフェリンクリーム

在庫切れの場合こちらを使ってみてください。
ディフェリンジェネリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬ニキビの治し方の2つのポイント

頬ニキビは片側と両側で治し方が違う

頬ニキビの治し方のポイントは2つです。頬の片側にできた場合は寝具など肌に触れるものをこまめに取り替えること。両側の頬にできている場合は、ホルモンバランスを改善することです。

頬ニキビの治し方は清潔にすることが重要

頬ニキビの治し方の1つとして、特に梅雨の時期や夏の暑い時期、頬に触れる可能性のある寝具などをこまめに取り替えることがポイントです。寝具などの雑菌が頬の毛穴に入り込み、それがニキビの原因となることがあります。片側の頬だけにニキビができてなかなか治らないという人は寝具などに注意してみるといいでしょう。

頬ニキビの治し方はホルモンバランスの安定

両側の頬にニキビができている場合は、ホルモンバランスの乱れの可能性があります。その場合の頬ニキビの治し方としては、規則正しい生活を送ること、リラックスタイムをつくることなどがあります。食事や睡眠をしっかりとることも大切ですが、ストレスや緊張を軽減するために、湯船につかることや、アロマテラピーなどでリラックスすることもホルモンバランスを整えることにつながります。

以上のように、頬ニキビの治し方としては、頬に触れる寝具をこまめに洗うなどして取り替えること、ホルモンバランスを整えることがポイントとなります。

頬は手が触れやすい場所でもあるので、日頃から手で触らないようにするというのも予防策になります。できてしまった頬ニキビについては、規則正しい生活とストレスをうまく軽減していくことで自然と治っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬ニキビの4つの原因

頬ニキビの原因は、食生活、睡眠、ストレス、そしてホルモンバランスの乱れです。
これらに気をつけることで頬ニキビを治すことにつながります。

頬ニキビの原因1 肝機能の低下や食生活

普段お酒を飲む機会が多い人は、肝機能の低下により頬ニキビの原因となります。お酒を全く飲んではいけないというわけではないのですが、毎日飲むと頬ニキビの原因につながりますので、ほどほどにするようにしましょう。

脂っこい食事や糖分が多いものを食べ過ぎることも頬ニキビの原因となりますので、これらの食事にも気をつけるようにすると良いでしょう。

頬ニキビの原因2 睡眠不足

睡眠不足も頬ニキビの原因となります。肌は寝ている間に機能を回復するので、十分な睡眠がとれないと肌荒れやニキビの原因となります。

頬ニキビの原因3 ストレス

ストレスは皮脂分泌量が多くなる原因となり、そこからニキビにつながります。睡眠やストレスにも十分気をつけるようにしましょう。

頬ニキビの原因4 ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは睡眠不足や女性の場合は月経の関係で起こることがあります。お肌が敏感になっている時はスキンケアに気をつけて、刺激の少ないものを使うのも良い方法です。

以上のように頬ニキビの原因は食事、睡眠、ストレス、そしてホルモンバランスの乱れが関係してきます。規則正しい生活を心がけ、特に女性の場合、肌にも負担にならないアイテムを使うようにするというのもお勧めです。

女性ホルモンのバランスに着目した大人ニキビ用のスキンケア美肌セットがあります。「ラ・ミューテ」といますが多くの方が良さを実感しています。頬ニキビなどのお顔のニキビケアには最適です。半額キャンペーンも行っていますので一度お試しください。キット満足していただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬のにきびを治すにはホルモンバランスを整えること?

頬のにきびを治すには、ホルモンバランスの乱れを治すことがポイントです。
ホルモンバランスを整えるには、食事、睡眠、そして生活習慣を改善することが必要です。
よほどひどい状態でなければ、特別なお薬などを使わなくても頬のにきびを治すことができるのです。

ホルモンバランスが乱れてくると、皮脂の分泌量が多くなり、その結果として頬ににきびができやすい状態となります。
ホルモンバランスの乱れの原因としては、不規則な食事や睡眠、栄養バランスの乱れというのが多いです。ですので、頬のにきびを治すためには、これらを規則正しいものにする必要があるわけです。

外側からのケアとしては、頬ににきびができている時はスキンケアにも気を使い、肌に刺激がないものを選ぶようにするのもいいと思います。

ストレスもホルモンバランスを乱す原因となります。ストレスをなくすことは難しいので、溜めたら発散するなどの対処をすることで頬のにきびを治すことにつながります。
リラクゼーションでストレスを軽減することも良い方法ですね。

以上のように、頬のにきびの原因はホルモンバランスの乱れが多いので、ホルモンバランスを整えることを意識することが重要です。
栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてストレスを上手に解消していくということがにきび改善につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬ニキビに効く食べ物とは

頬ニキビに効く食べ物は、ビタミンE、ミネラル、そしてカルシウムやマグネシウムを含んでいる食べ物です。

なぜかと言うと、頬ニキビの原因はホルモンバランスの乱れの場合があるからです。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌量にも影響を与えるので、結果としてニキビができやすいお肌になるわけです。

そのホルモンバランスを整えるにはビタミンEが有効なので、ビタミンEを多く含むかぼちゃやアボカドを食べるようにすると良いです。
豆類や豆乳もホルモンバランスを整えるのに役立つので、意識して摂取することをお勧めします。

牛乳やナッツ、小魚なども頬ニキビに効く食べ物と言えます。これらは日頃の食生活で不足しがちなので、上手に食事に取り入れることが理想ですね。

また、朝食を抜いてしまうとホルモンバランスの乱れにつながるので、しっかり1日3食とることも大事です。

以上述べたように、頬ニキビに効く食べ物は、ビタミンやミネラルを多く含んでいるものです。しかし、これらだけを食べるというのは偏った食事になってしまうので、日頃の食事の中に取り入れるという方法が良いです。

頬ニキビに効く食べ物は結果として美容や健康の維持にもつながるので、意識して食べるようにしていきたいですね。

またスキンケアも考える必要があります。ホルモンから考えたラ・ミューテ美肌セットはニキビ改善には最適な美容品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頬(ほお)ニキビの赤みを治すには

頬(ほお)ニキビの赤みを治すのに必要なのは、食事、睡眠、そしてスキンケアだけです。この3つが本来の力を発揮することで、頬ニキビの赤みを治すことにつながります。

そもそも赤みのあるニキビは、肌が炎症を起こしている状態です。炎症を起こしているということは、その部分に刺激を与えることは絶対NGです。
また炎症を起こしているということは、肌のバリア機能が低下しているということなので、それを回復させることが頬ニキビの赤みを治す方法と言えるのです。

肌のバリア機能を回復させるためには、肌のターンオーバーを正常化することが必要です。
そのためには栄養のとれた食事と質の高い睡眠が不可欠となるわけです。

スキンケアに関しては、普段使っているスキンケアでは人によって刺激が強すぎる場合があります。ですので、赤ニキビがひどい時は肌に刺激の少ないスキンケア、例えばアルコールフリーのものや、敏感肌用のスキンケアを使うということも良いですね。

以上のように、頬ニキビの赤みを治すためには食事、睡眠、スキンケアをいつも以上に気を使うということが大切です。
ニキビの改善のためピーリングをやる人もいますが、頬に赤みがある時はさらにひどくしてしまうこともあるので、スキンケアには十分気をつけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0